Skip to content

ダイエットは楽して成功しない

ダイエットというものは、結局は摂取するカロリーと消費するカロリーの差で成功するか失敗するかが決まると思っています。つまり、たくさん食べて動かなければ太りますし逆に少ししか食べなくてたくさん動けば自然と痩せるという事です。
それを身を持って体験したことがあります。色々と当時流行っていたダイエット法を試しては失敗してどうしようかと落ち込んでいました。その時にふと「自分はどうにか楽をして痩せようとすることしか考えていない」ということに気付いたのです。ほとんど動かないで痩せようとしていたことに反省し、それからすぐに全身を動かす運動に切り替えることにしました。最初に思いついたのがダイエットに効果があると以前から聞いていた水泳だったのですが、プールが家から割と遠くにあることからジョギングを選びました。
最初はかなり大変でした。体重があったので、すぐに膝に負担がかかって痛くなってしまいました。10日ほどずっと運動できずにいました。最初はいきなり走らずにウォーキングから始めた方がよかったのかもしれません。ちなみにただ長い距離を散歩しても痩せません。ウォーキングもジョギングも基本のフォームがあるのでそれを調べてからやったほうがいいです。
徐々に筋力もついてきて、長い距離と時間を走ることができるようになりました。すると思ったよりも早く効果が出始めて、それが嬉しくて続けることができました。やはりジョギングはカロリーを消費するようです。週に3回、30分以上走りました。食事は大して気を遣わなかったので運動はかなり効果があると思います。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA