Skip to content

ダイエットで重要なのは無理のない方法

ダイエットで重要なのは体重を落とす効率のよさではなく、いかに生活に取り入れていける、無理のない方法かということだと思います。
私は以前、口にしたものや体重の推移を細かく記録する、レコーディングダイエットという方法で体重を大幅に落としました。
一日の摂取カロリーの目安や食品ごとのカロリーの計算、体重の変化の折れ線グラフなど、今では簡単に調べたり記録することのできるサービスがインターネット上にありますし、アプリでも様々なものが出ています。
ダイエット中は自分の日頃の運動量を万歩計を付けて調べ、目標体重から摂取カロリーの上限を設定して献立を作り、かなり順調に体重を減らすことができました。
こうして書くと面倒だったり、大変だったようですが、実際取り組んでいるときには不思議な高揚感がありましたし、体重計に乗って数字が小さくなるのを目にするたびに達成感や喜びを得られ、モチベーションを保つことは難しくありませんでした。
そうやって、ほとんど大成功と言っていいと思われるダイエットだったのですが、現在結局かなりリバウンドしてしまいました。
その主な原因は、生活環境の変化です。
レコーディングダイエットというか、私の実践していた方法は毎食細かく計算し、自炊できるということが大前提になっていたのですが、それ以外の生活が忙しくなり、なかなか思うようにダイエットに時間が割けなくなったのです。
また、ストレスが増えたことから食事量も増えてしまいました。
この成功と失敗の経験から学んだことは、冒頭に書いたように、ずっと続けられる方法が一番いいということです。
ダイエットの計画を立てるときには短期間で成果を出そうとしたり、あるいは高揚感からどんどん無理をしたりしがちですが、挫折しない、また挫折しても気持ちを切り替えられる、少し緩い方法の方がいいと思います。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA